メニュー

虫歯の治療

放置すると進行する

ズキンズキンと痛んでいたのに、歯磨きをしたら痛みが消えた。
冷たい水でうがいをするとしみるが、他の時は気にならない。
逆に甘いものや温かいものだけ痛みをかんじる。
毎食後歯磨きをしっかりしているのに歯がしみる。

こんな経験をしている方がいると思います。虫歯は放置して進行することはあっても、治ることはありません。
虫歯菌が歯垢(プラーク)の中で酸をつくり出し、硬いエナメル質を溶かし、進行すると神経までいくこともあります。そうなると通院回数も増え、患者さん自身のご負担も増えてしまいますので、早めの受診をおすすめします。
虫歯の治療は悪化する前ならば痛くありません。もし麻酔下での治療が必要になり、麻酔は怖いという方でも、表面麻酔や電動注射器の併用でかなり緩和されますので、安心して受けていただけます。勿論、予防や定期健診での早期発見が大切ですが、すでに虫歯になってしまった方は、放置せずにご相談ください。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME