メニュー

顎関節症・咬み合わせ

口を大きく開けたり、硬い物を食べると顎が痛い。口が開かない。開閉時にカクンカクンと音がする。またはバキッと音がする。

この様な症状がある方は顎関節症の可能性があります。

顎関節症は、歯をくいしばる癖のある方、歯ぎしりをする方、咬み合わせや被せ物の高さが不適の方、またストレスのかかるお仕事や歯をくいしばるスポーツをする方に多くみられます。

治療法としては、保険内でスプリント(プラスチックでつくられたもの)を歯全体に被せる方法が一般的です。

顎関節症には生活習慣が大きく関わっているので、顎に負担がかからない寝方や食物の選び方、筋肉のマッサージなどもご指導致します。

額関節症ではなく、親知らずの炎症で口が開かないこともありますので、顎に痛みのある方はご相談ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME